特集

クリスマスプレゼントにも! 冬に贈りたい素敵な作品3選【友達へ】

クリスマスや年末年始など、一年の中でも大きなイベントが多いのが、冬。

そんな冬に贈りたい、あたたかな作品を紹介していきたいと思います。

今回は、「大切な友達に贈りたい」をテーマに記事を書きました。

  • ポリマークレイでアクセサリーを製作している、地下3階さん
  • 布花をアクセサリーに仕立てて製作している、Melusineさん
  • キャンドル、アロマサシェ作家のmake tea partyさん

のお三方です!


地下3階さん(Instagram:@chika3f

ポリマークレイをこねて焼いてアクセサリーを製作している、地下3階さん。

地下3階さんのHPの説明書きから引用させていただくと、ポリマークレイとは、

オーブンで焼くと固まる樹脂粘土です。こねて、成形して、オーブンで20分ほど焼けば完成です。クッキーを焼くよりもずっと簡単に短時間で作品を作る事ができます。元々はドイツで産まれた粘土で、海外でも人気があります。

とのことです。

このポリマークレイを用いて、地下3階さんは、耳もとや襟元を飾るアクセサリーを中心に、“身につけるとにっこり元気が出るようなアイテム”を製作されています。

まずご紹介させていただく作品は、こちら!

真紅に染まった、ツリバナのイヤーアクセサリーです。(花や実がぶら下がってできることからこのように呼ばれている。)

とっても華やかですよね。特にクリスマスのこの時期に身につければ、「ding-ding」と鐘の音が聞こえてきそうな…、「聖」な世界観が広がります。

お写真を見ているだけでも、とても素敵な作品ですが、実際着用してみると耳元を明るく上品に飾ってくれます。

まるで、お気に入りの真っ赤で、ベルライン(ふんわりとしたシルエット)のドレスを着たかのような…。

このツリバナのアクセサリーは他の色(白、紺、マットブルー)もあるので、minneCreemaでお楽しみください!

そして、仲の良い友人などの大切な人にボルドーのハートの花びらイヤーアクセサリーはいかがでしょうか。

カーブをつけたハートを重ね、“松ぼっくりのようなシルエット”が印象的でとても素敵なこの作品。ボルドーの作品は、どんな色とマッチするのでしょうか。

原色(赤、青、黄)などの主張の強い色とはあまり合わないため、白、チャコールグレー、ネイビー、キャメルなどと合わせると良いでしょう。特に、キャメルと合わせると上品に、グレーと合わせると小慣れ感が出るようです!(※筆者調べ)

粘土でとても美しく、上品なアクセサリーを製作している地下3階さん。この冬をポットあたたかくしてくれること間違いなしの素敵な作品ですので、ぜひチェックしてください〜!


Melusineさん(twitter:@Melusine11

おとぎ話や神話、花言葉などから着想し手染めの布花をアクセサリーに仕立てて製作している、Melusineさん。

アーティフィシャルフラワーやプリザーブドフラワーと異なる、布花ならではのあたたかさや色みがとても印象的です。

また作品から伝わる、Melusineさんの「ー深い森、妖精の泉。そこに佇む、美しい彼女の秘密…ー」というテーマ・世界観も幻想的で吸い込まれます。

最初に紹介させていただく作品は、こちらです!

「待ち焦がれの鈴蘭」という名のこちらのイヤーフック。

作品の世界観を感じることができる説明書きをminneより引用させていただきました。

白く可憐に咲いた日から、ずっとひとりを待っています。
夏の青い空に染まり、秋の落ち葉に染まり、もうすぐ冬になるというのに。。

ブルーとブラウンが溶け合い、静けさと温もりを伝えるこの作品からは、鈴蘭の儚いものの、強く芯の通った叫び声が聞こえてきそうです。

そして、着用するとこのような感じに…!

とても鮮やかで繊細な鈴蘭たち1つ1つを見ていると、自分の中にいる様々な各感情と自然に溶け込むように感じてきました。つまり、「待ち焦がれの鈴蘭」のイヤーカフは、着用者と一体化するような壮大な作品だなと思いました。

そして、最後に紹介させていただく作品がこちらです。

 こちらの作品は、中でも筆者が皆さんに大変見ていただきたかった作品です!ある童話を題材にしているようなのですが、何だと思いますか。

 

 

 

正解は、『ジャックと豆の木』です!

幸運を呼ぶと噂のジャックが持っていた豆。天地を結ぶような果てしない可能性を持った黄金の魔法の豆に皆さんならどんな願いを込めたいですか。

物語を感じながら、楽しむことができるこちらの作品。「さやはシールという毛足の長い布地をグラデーション染めてこてをあて、豆はクレイを丸めペイント」されているそうです。

布花という素材の触感と色彩、Melusineさんが創り出す溶けるような深い味わいの世界観。ぜひ、SNS等でチェックしてください〜! この「冬」という時間にとことん浸りたい方におすすめです!


make tea partyさん(Instagram:@guregure08

キャンドル、アロマサシェ作家のmake tea partyさん。

ノベルティ、結婚式、退職のご挨拶など、様々な場面で贈り物としてピッタリな作品です。もちろん、クリスマスにも…!!

 

ツリー型のアロマワックスサシェと、ドライオレンジとドライアップルがアクセントのボタニカルキャンドル2個のセット!

箱全体からクリスマスのワクワク感が詰まっている素敵なギフトセットです。

クリスマスの夜をキャンドルがぽっと照らしながら、アロマワックスサシェの香りで癒しの時間を楽しむことができますね!

上記写真の緑色ベースの他に、赤色ベースのツリーもCreemaにてラインナップされているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

また、こちらのリースモチーフの作品は、“小さな女の子が頭にのせているようなリース”をイメージして製作されたそうです。

すごく軽やかで吸い込まれるような彩りが印象的です。それぞれのフラワーが、自分のカラーを主張し合いながらも、全体として協調し合っている絶妙な作品だと感じました。

筆者には、小さな女の子が花を摘むところから、自分でリースを作る、そして頭に乗せ街を散歩して様々な人と出会う、リースを素敵だねと褒められる…ような背景のあたたかなストーリーが浮かんできました。

皆さんは、どんなストーリーを作品から感じることができますか。

最後にご紹介させていただく作品がこちら!

爽やかなオレンジとロングスティックのシナモン。それに可愛らしいアジサイと花かんざしの花を使用した、アロマワックスサシェです。

シナモンはオレンジを使用した菓子のアクセントになったり、と相性の良い組み合わせです。

そこにお花も加わり、可愛さが増しながらも「オトナ・キレイ」な作品となっており、この冬にピッタリな筆者のおすすめ作品です。



以上、クリスマスの素敵な作品3選でした。

どの作品も大切な人に贈るのにピッタリな心のこもった作品です。ぜひ、各作家さんのSNS・販売情報等をチェックしてください〜!

それでは、素敵なクリスマスを〜!!


文/imacoro