HandMade In Japan Fes 冬 2020に行ってきました〜! そもそも、HMJって?

こんにちは、ハンドメイド作家さんのストーリーや作品を紹介しているサイト、emo(イーモ)のimacoroです。

先日、2020年1月11,12日に東京ビックサイトにて行われた、「HandMade In Japan Fes 冬 2020」に行ってきました。

ブースレポート記事は、今週に別記事で出していくので、今回はHandMade In Japan Fes(以下:HMJ)についてイベントの紹介をさせていただこうと思います。

HMJ

HMJとは、ハンドメイドマーケットプレイスのCreemaさん主催のクリエイターの祭典です。

この2日間では、日本各地で普段活躍しているクリエイターの皆さんが集結! それを聞くだけでもとっても魅力的ですが、筆者の視点でのオススメポイントなどを整理していきたいと思います!


1.HMJに込められた想い

HMJのHPを参考に書かせていただいています。ぜひ、リンク先も読んでくださいね。

そもそも、イベント名が「HandMade In Japan Fes」であり、「Made In Japan」という言葉が入っていることにお気づきでしょうか。

Creemaさんは、ここに強い想いを込められていて、筆者もとても共感したので、(筆者の観点も混ぜながらで恐縮ですが)説明させていただきます。

木彫り、染物、焼き物、ダルマ、〇〇人形、こけし、うちわ……挙げ出したら本当にキリがないほど、日本には伝統工芸品があります。実は、筆者もモノづくりが好きな両親から、伝統工芸品の「伊万里焼」にちなんだ名前が付けられました。

そんなモノづくりの歴史を長年積み重ねてきた日本だからこそ生まれ、世界に広まった言葉が「Made In Japan」です。

しかし、何でも欲しいものは手に入れられるようになり、大量生産・大量消費の時代において、クリエイターがいなくなったわけではないものの、「Made In Japan」の価値がかつてよりキラキラした言葉でなくなりつつある時の流れがありました……。

そんな生産や消費を見直そうと「自分らしさ」を表現したものに価値を置く流れが再び強まってきています。

ハンドメイドはまさにその「Made In Japan」の精神が宿っており、だからこそイベント名に「Made In Japan」を込めたそうです。


2.出展情報(イベントガイド)

今回は、先日行われた「HandMade In Japan Fes 冬 2020」を例にご説明していきたいと思います。

「HandMade In Japan Fes 冬 2020」では、作家さんがブース出展する以外に、こんな楽しみみあるという点も含めて紹介していきたいと思います。

・マーケット(展示・販売)

こちらは、言わずもがな全国から集まったクリエイターの方がブース出展し、自身の作品を展示・販売するところで、普段SNSなどで見かける憧れの作家さんに会えるとても魅力的な機会です。

筆者もemoハンドメイドサイトにて紹介させていただいた作家さんに挨拶に行ったり、実際に作品を手に取ったりしました。作品だけでなく、ブースのレイアウトから作家さんらしさが溢れ、イベント当日までのご本人の工夫やご苦労を感じ、しみじみ……。

自分が知っていた/好きな作家さんだけでなく、新たな推し作家さんを見つけられることもイベントならではの魅力ですよね。

・ワークショップ

クリエイターや職人の方が直接教えてくださるような貴重な体験。ブース出展もされている方もいらしたり。自分でつくる経験をすることで、よりハンドメイドの楽しさや難しさ、奥深さがわかります。

筆者は、以前ハンドメイドイベントにて、ハーバリウム制作体験をしましたが、作った時だけでなく、持ち帰った後にどんな風になるか考えながら制作することがとても難しかったです。(丸い瓶だったので、お花がくるくる回ってしまうようで……。)

・ライブペインティング

クリエイターの方が大きなキャンバスにリアルタイムで描いていくライブペインティングの迫力は、それはもう……!!

@caoliodoliさんのツイッターより


2日間で完成していく過程をお客さんと一体となって感じられる素敵な楽しみ方です。

・ミュージック/パフォーマンス

HMJは、クリエイターのブース出展や美術分野だけでなく、音楽、そしてその他の才ある表現も楽しむことができます。

参加条件は、こちらをご覧いただければと思いますが、自分のアーティスト活動をたくさんの人に魅せる貴重な機会で、見る側も新たな趣味や関心の発掘になること間違いなしです。

HMJでのパフォーマンスは、様々な形の「創造」が生み出すもの凄いパワーが集結したものなので、一段と違う雰囲気を楽しめる点が魅力ですね。

・フード

調理を伴うか否かで、出展の形式が異なりますが、HMJの憩いの場でもありますね。美味しいこだわりの商品を食べながら、今日一日イベントを振り返る機会、欲しかった作品を開封するような時間にして最後まで祭典を楽しむことができます。


3.最後に!

以上、Creemaさんが主催するイベント、「HandMade In Japan Fes」の紹介でした〜。

クリエイターさんやこだわりの作品を身近に感じ、分かち合えるとても素敵なイベントです。

筆者も次回の機会を今からワクワク・ドキドキ待っていますー。


文/imacoro