スペインタイル工房「Sereno」さんで制作体験したコースターのその後

スペインタイル工房「Sereno」
コースター制作体験

以前、埼玉県さいたま市浦和区にある、スペインタイルとマヨリカ焼きの絵付け工房「Sereno(セレーノ)」さんの元でタイルの絵付け体験を行ってきました。

そのレポートは別記事で書いたのですが、今回は「コースターのその後」というテーマでブログとして書いていきたいと思います。

【レポート】スペインタイル作家「Sereno」さんの工房で、タイルの絵付け体験先日、スペインタイルとマヨリカ焼きの絵付け工房(埼玉県さいたま市浦和区)、Sereno(セレーノ)さんの元でタイルの絵付け体験を行ってき...

コースターのご紹介

コースターはこんな感じで、emoのロゴ(本サイトのテーマロゴ)を表現し制作しました。

裏側はコルク板仕様となっており、

こんな感じでグラスを置くことが当初予定していた使い道だったのですが。

愛着が湧きすぎてしまいまして……。

壁に飾りたいなという思いが……!!笑

そんなこんなで、現在壁に飾る計画中です。

粘着テープなどで貼ってしまうのか、それとも他の方法がいいのか迷っているのと、家のどこに貼ろうか迷っています。


最後に!

また、制作のお楽しみ話として、「こんなコースターあったら面白い!」というのを綴っていきたいと思います。

制作時には、幾何学模様のような柄が多いとお聞きしました。(実際にあったみたいですが、)模様がバーコードのコースターも面白いですね。しかも、本当に読み取れるという……!

あとは、スイッチ柄とか。(クエルダ・セカ技法ならではのぷくっとした仕上がりが、スイッチのようだなと。)

出典:ママレモンさん(AC写真より)

また、作家さんであればご自身のロゴや作品をタイルにしても素敵ですし、沢山のタイルを繋げて、迷路やボードゲームっぽいものを制作しても面白いですね。

出典:實悠希さん(AC写真より)

そんな絵付けから、商品が届く待ち時間のワクワク、届いた後の使い道のワクワクが詰まったタイル制作体験。

とても楽しかったので、ぜひ興味のある方は、Sereno工房さんのHPの問い合わせやメール(ceramica-sereno@memoad.jp)で連絡してみてくださいね!



文/imacoro